読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ語の語順になじめません[6] ~ 中国語、韓国語と比べると

参考までにアジア言語の訳も載せてみます。


***中国語

叔叔当時是以什么様的心情読这个封信呢
(シュシュタンシイシェメヤンテシンチントゥチェカフェンシンナ)

これは、

「叔叔(おじさん)当時(そのとき)是(*)以什么様的心情(どんな気持ちで)読(読んだのだろう)这个(この)封信(手紙を)呢」

という文なので、日本語原文の「おじさんはこの手紙をどんな気持ちで読んだんだろう... 」にけっこう近いです。

中国語は動詞が二番目に来ることから、文法は英語に近いとよく言われます。でも個人的には、英語と似ているのは「動詞が二番目に来る」というだけで、それ以外の文の組み立ての考え方は、日本語に近いところが多いと思います。

*** ハングル(韓国語)

삼촌은 이 편지를 어떤 심정으로 읽었을까

これは「삼촌(おじさん)은(は) 이(この) 편지(手紙)를(を) 어떤(どんな) 심정(気持ち)으로(で) 읽었을까(読んだのだろう)」という文なので、語順も単語も日本語にほぼ一対一対応しています。やっぱりハングルと日本語は共通点が多いです。

ちなみにGoogle翻訳に「おじさんはこの手紙をどんな気持ちで読んだんだろう」を入力すると、「아저씨 는 이 편지를 어떤 마음으로 읽었 겠지」と出ます。先ほどのハングル文と単語は8割がた同じ。語構造や語順はまったく同じです。ハングルと日本語の機械翻訳はさぞラクなことでしょう。そして同様に、英語とフランス語の機械翻訳もきっとラクなのでしょう。